「智代アフター」のレビュー

CLANNADのヒロインの一人であった智代と前作の主人公である岡崎が付き合ってたらその後どうなっていたであろうという話。

智代の弟である鷹文と知り合いである河南子、親に置き去りにされたともを交えて奇妙なひと夏の同居生活を過ごす。

シナリオはCLANNADと違って一本道なので、選択肢をミスらなければ15時間ほどでクリアできます。

 

☆良い点

 

・原画氏がフミオ!個人的にはいたる絵よりは好きです!
・日常生活パートで鷹文&河南子のギャグが最高に笑える。
・若干下ネタが多い気がするのは気のせいか?
・岡崎がCLANNADより頼もしくなった。

 

☆まとめ

 

一部の人は駄作と言いますが、個人的には良作だと思います。

てか、CLANNADが神すぎた。

 

KEYお得意の「奇跡」が全くないのが特徴かな。

人間ドラマを重視した作品なので、『CLANNAD』のように最後で奇跡による救済などはありません。

リアルな結果そのものは受け入れるしかないのでは無いのかも?

 

これまでのKey作品に比べても遜色はありません。

ファンディスクという位置づけなので基本的にプレイヤーが『CLANNAD』をプレイした方に限定されています。

これまでの作品のような大ヒットとなるとは考えにくいかも知れません。

 

Key最大の武器と言える卓越した文章力や日常会話での笑いは健在だからCLANNADプレイした人なら軽い気持ちでプレイしてみていいと思います。