シヴィライゼーション4(Civilization4)何度やっても同じ結果にはならない面白いゲーム

rank01_02シヴィライゼーション4

 

sivi今のゲームパソコンは高性能となっていて、昔とは比べものにならないくらい複雑で面白いゲームがたくさんあります。

 

そんなゲームが増えていて、中には時間を忘れて熱中するゲームもあると思いますが、私が思う最高のパソコンゲームは「シヴィライゼーション4(Civilization4)」です。

時間を忘れるどころか気付いたら朝というのは当たり前、Civ廃人という存在を出すほどハマれるゲームです。

 

さてこのCivlizationというゲームですが、パソコンゲームの中ではかなり有名なので知っている人も多いかと思いますが、旧作タイトルである4を推奨するというのには理由があります。

 

このCivlizationというタイトル、現在は5まで出ているのですが、この5というタイトルでは非常に賛否両論なシステム変更がありました。

その変更点というのが、「煩わしさを改善した」といえば聞こえは良いのですが「システムを簡略化することでゲーム自体の面白味が減退した」とも言える変更なのです。

 

具体的な変更点は、戦争時のスタック制の廃止や、外交や経済政策の簡素化といったゲームの根幹に関わる部分になっています。

現在では拡張パックで4のようなやや複雑なシステムに戻ってはいますが、それなら最初からシステムが完成している4をやった方が良いというわけです。

 

また、公式に発売された拡張パック以外にも、ユーザーが作ったMODというのも配布されていて、より独自性のあるゲームが楽しめるようになっています。

100回やっても同じ結果になることはまずあり得ないというようなシステムですから、何度やっても飽きることはないゲームとなっています。