戦国ランスは気がつけば朝になっているくらい時間泥棒の作品です

私が一番おすすめのパソコンゲームは「戦国ランス」です。

 

このゲームはもう9年近く前のゲームで、俗に言うエロゲというやつです。

ですが発売から9年近く経とうが、私の中で一番面白かったPCゲームといえば、これが真っ先に浮かびました。

とにかく時間泥棒といいますか、気がつけば朝になっているという事が何度もあったくらいに嵌ったゲームです。

トータルで100時間は越えるくらいプレイしたと思います。

 

ランスシリーズというのは、PCゲーム業界では最も有名なシリーズタイトルで、最近も新作が出た様に、10数年経った今でもファンの多いシリーズです。

これまでのシリーズでは、例外もありますが基本的にはRPGが中心だったのですが、この戦国ランスはSLGになっています。

可愛いキャラが多い事や、18禁ならではのシーンなどお勧めのポイントはいくつもあるのですが、このゲームの一番の売りは、やはり絶妙なゲームバランスですね。

 

エロゲといえば、エロシーンを見たいためにやるというプレイヤーが多く、難易度が低いゲームが多かったのですが、このゲームはそんな事がお構いなしとでもいう感じの難易度になっています。

色々なSLGゲームをプレイしたことがないSLG初心者はお断りといった感じです。

その為にSLGが大好きな私でも満足が出来るくらいのやり応えがありました。

 

隠し要素なども多く、純粋にゲームとしても楽しめる出来になっています。

エロゲなどに抵抗のない人は是非ともやってみるべき作品だと思います。

 

まあそういう人は大抵プレイしている作品だとは思いますけど。