単純なだけに嵌ってしまうソリティア

単純なのについついはまってしまうゲームは「ソリティア」です。

このゲームはカードゲームで、エースからキングを数の少ない順に右上にあるスクエアーに収めていくというルールで行われます。

まず、ランダムに配置されたカードの列が7つあります。

このカードを列内で移動させてカードをまとめることができます。

 

しかしカードをまとめるにはルールがあります。

まず移動させてドッキングされるカードとカードの数が連番でなければなりません。

 

たとえば6のカードを移動させることができるのは7の下のみで、それ以外のカードの下に着けることは不可能です。

またスペードやクラブのブラック、そしてダイヤとハートのレッドを交互に置かなければなりません。

つまり先に述べた6がハートでレッドカラーであるならば、その上の7はスペード、もしくはクラブのブラックカラーでなければならないのです。

このように列をまとめてエースを見つけ、それをスクエアーに収めることから始めます。

 

もし移動ができなければ、左上にあるカードのまとまりを開きます。

このまとまりを開くと3枚のカードがオープンになり、そのカードを使って移動を行います。

 

カードを移動させるコツや状況により、ゲームの進め方は異なってきます。

ルールは簡単ですがケースによて様々な方法を試すことが必要なこのソリティアはなぜかはまってしまうパソコンゲームです。