都市開発ができるA列車で行こう9はかなりハマります

パソコンゲームで時間を忘れるくらいに夢中になれるゲームは多人数で遊べ終わりがないオンラインゲームが今は主流ですが、
それに負けないくらい1人でも夢中に楽しめるオフラインのゲームがアートディンクが出している「A列車で行こう9」です。

 

ジャンルは都市開発シミュレーションゲームでEAが出しているシムシティと同じジャンルですがA列車で行こう9の魅力都市開発だけではなく鉄道経営ができる事です。
リアルの世界での鉄道模型を使ったジオラマは列車を走らせる様を好きに作れとても魅了されますが実際に組むとなると車両などの部品だけでなく広大な場所が必要となる為にお金が膨大にかかります。

 

それと同様の事がゲーム上で実現する事ができます。
A列車で行こう9はシリーズで最新版になりますがシリーズ最大の電車や列車の種類を収録しています。
SLからリニアまで有名路線であればほとんどあるくらいです。

 

建物も駅を見ても地上駅だけでなく地下鉄や高架タイプもありさらに複数の路線で交差したターミナル駅もあります。
それらを階層別にレイアウトを組むことができる為に現実と同じ感覚でレイアウトを組むことが可能となっています。

 

建物だけでなく地形からもレイアウトが組める為頭の中で「こんな街や鉄道があればいいな」と思えばすぐに画面上で作る事ができます。
4K画質にも対応し車両や建物までとても細かいのでリアルで電車に乗った視点から街を眺めたりでき旅行に行った気分にもなれます。

 

建物や地形をレイアウトをするともっとこんな風にしたいと思うようになりプレイしていると時間が忘れてしまうくらいですが納得の行く物を作るとなると日数がいくらあっても足りないくらいです。

 

作った街はデータとして残るのでネットにアップして公開したりもでき逆に他の人が作った街をダウンロードして見る事もできます。
リアルな鉄道模型を手軽に安く実現できいつまでやっても飽きないPCゲームだと言えます。