ノートパソコンとデスクトップPCの選択について

初めてパソコンを買いたい時にノートパソコンかデスクトップで迷う方が居ます。

そこでどちらを選択すれば良いかと言っても、用途によって違ってきますから大まかに両者の特徴を把握してから選択すると良いでしょう。

ノートパソコンとデスクトップなら同じ性能ならコストはノートの方が高くなります、小型一体化にかかるコストが高くなるからです。

一般的にデスクトップPCの方がカスタマイズも出来ますし、高性能で色々な事が出来るメリットがあります。

ノートパソコンのメリットは持ち運びも出来て扱いが簡単という事で、初心者の方がネット閲覧やデジカメプリント、年賀状印刷程度の用途で高度な事を要求しない場合は利便性が高いですし部屋で場所も取ら事も利点と言えます。

バッテリーで動くのでコンセントをささなくても利用出来るのもノートの利点です。

プリンター等を使う時に周辺機器と接続するインタフェースが少ないですから複数の周辺機器接続には向いていません、しかし周辺機器でプリンター接続して使う程度なら問題無く利用出来ます。

デスクトップPCは移動が面倒ですし、場所も取ります、高度な画像編集や作成、凝った書類作り等は非常に行いやすいですから、こういった特徴を知った上で選択する事が望ましいです。

現在ではタブレットPCやスマホとパソコンで出来る事の大半を行えるものも出てきていますし、細かい用途によって利便性の感じ方はバラバラになっています。